本文へスキップ

交通事故治療・腰痛・膝痛・スポーツでの怪我・子供の治療・まずはご相談・ご予約

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0466-29-0705

神奈川県藤沢市鵠沼松が岡4-20-8―2階

地域に根差した接骨院です。信頼と経験と実績で鵠沼で30
治療案内

イタルリアクト療法 vaitalreactt現代人の多くは、スマホを長時間ネコ背でする事が多いようです。 不良姿勢は、大胸筋、菱形筋、僧帽筋などが過度な負荷が加わり、筋肉、筋膜、靭帯、などが緊張し関節の可動性が悪くなります。
肉体的なストレスだけではなく、精神的なストレスや運動不足、生活習慣、気候、寒暖の差等によるストレスは、身体を不安定にさせます。

痛みの原因は
日常生活の何気ない些細な作業がストレスとなり、やがて骨格に負荷を掛け、重力や外力が加わり長い間に全身に凝り(硬結)として現れます。

何の原因も無いのに突然に腰や首、腕、膝、脚等の個所に症状が出現した事がありませんか。
運動障害等の一番痛い所だけ治療して治るのは、主に急性期です。
全身に問題を起こしている慢性の方は、原因(硬結)を統合的に取り除く治療が必要です

何処が悪いのかどうして見つけますか
問診を基に関節の可動性が失われている所を触診、臨床検査、鏡検査、フェイスチェック(顔面兆候)、筋持続力検査、レントゲン検査などを総合的に分析することによって歪んでいる部分を正確に見つけ出します。

鏡は今の身体の歪みを教えてくれます。

 身体が歪めば、歪んだ顔をします。
鏡検査により客観的に現在の身体のバランスが崩れていないかを検査します。鏡を見ながら,歪みが自分の何処に起こっているのかを共有し視診します。

脳神経や脊髄神経の神経圧迫により不調を招きます

ここで神経の働きに注目をしてみると、神経の機能別に9つに分類のできます。
1.分泌の機能2.再生の機能3.発熱の機能4.感覚の機能5.運動の機能6.拡張の機能7.栄養の機能8.吸収の機能9.排出の機能があります。

神経の機能が正常に働かない事で、本来の神経の機能を発揮できないことで不調をまねきます.

正確で確かな臨床検査や鏡検査や筋持続力検査、レントゲン検査などを行うことは、治療する為の重要な指標となります。

 関節の可動性

レントゲン写真からは、関節の可動性を確認します。頚椎、腰椎、骨盤の歪みが何処にあるのか骨格が本当に正常なのかを分析します。骨格のレントゲン分析するときに左右の骨ががシンメトリーになっている事重要です。
また、頭を支える脊椎は4つのカーブを作っていることが重要です。其々が正常な湾曲をしていることです。
歪んだ骨格は神経を圧迫し
神経機能、免疫能力を低下させる原因になっている可能性があるからです。

  どんな方法で治療しますか。
どんな治療機器ですか

コンピューター治療機器の下端にセンサーがあり、下端部の圧電センサー利用(ピエゾ電圧を発生)しその結果をコンピューターによりデジタル処理され画面に表示して治療対象部位の共鳴振動数を測定します。

コンピューター画面表示(ウェーブシステムとも呼ばれております。
・画面に折れ線グラフ表示は可動性(可動域)に関する情報を表示します。
・バー表示は軟部組織(付随する組織)に関する情報を表示します。
・ウェーブ表示は様々な測定数値をコンピューターにより解析された個々の周波数帯として表示します。
 
 

【分析】
治療器の下部に精密なピエゾ電圧からもたらされた情報によって明確にコンピューター画面上に表示されます。

トリガーポイント治療や姿勢改善治療に活用が出来ます。施術者は、この画面表示を診ながらポイントを判断し治療します。つまりこの機器は測定、検査、分析、治療出来るのです。
先端技術であるコンピューターを利用することで安心で安全な治療ができます。
必要以上に治療しないようにコンピューターの安全装置が働きます。

 

  脳と脊髄神経、末梢神経の働きを低下させる最大の要因が神経圧迫です。この神経圧迫を効果的に取り除き自然治癒能力、免疫能力を最大限に引き出す治療法です。
治療器具を使用する事で人間には出来ない振動を与えます。
治療器具による振動は、脳波に近い振動を与える事で治療ができます。また、硬結や骨を振動させることで可動性を持たせます。骨を正しい位置へと導いてくれますα(アルファ)波δ(デルタ)波とθ(シータ)波など周波数を選定して振動を与え、患部を共振させます。
例えば、患部に8Hzからの14Hz周波数の与えたとします。これは、脳波の中のα(アルファ)波に属します。
治療時に最適な周波数を選択します。
(アルファ)波δ(デルタ)波とθ(シータ)波など周波数を選定して振動を与え、患部を共振させます。
例えば、患部に8Hzからの14Hz周波数の与えたとします。これは、脳波の中のα(アルファ)波に属します。

この周波数は、覚醒と睡眠の間の状態で精神活動が活発で、意識レベルが高まっている状態です。.
問題解決や集中力が高まり脳の最適な状態と言えます。つまりリラックスする周波数です。

治療器具使って与える振動は、組織を刺激して 脳波に近い振動を与える事で治療ができます。

振動によって関節の動きが悪かった場所は少しずつ変化します。関節が少しずつ動けば関節の可動性は生まれ関節のロックが解除され神経の圧迫が緩みます。
そうした治療によって身体を整えるきっかけをつくります。その後は、脳と神経が働き自然治癒能力を引き出すのです。

つまり機能が改善することにより症状の軽減や歪みが整えられ姿勢が改善されます。矯正しているのではありまません。有益な振動を与えているのです。
   顔の治療、頭の治療。
今までの治療は、部位別に腰が痛ければ腰を膝が痛ければ膝を治療するというような考えで治療を進めてきました。

しかし、もう一つのバイタルリアクト療法があります。顔、頭、と部位の治療をする方法です。
顔面には、脳神経が沢山存在します。この脳神経を治療する事ができます。人間の脳神経は12対に分類することができます.

脳からの命令は、中枢神経、自律神経(副交感神経と交感神経)末梢神経によって血液、リンパ、ホルモン等が脳によってコントロールされます。

三叉神経は脳神経の中でも最も太い神経です。三叉神経は眼神経、上顎神経、下顎神経顔に分類でされます

また、 眼神経は動眼、滑車、外転の3神経および交感神経との間に交通があり、有効に脳を刺激することができるからです。
顔の治療、目の治療することで全身をリラクックスさせてくれます。
 

姿勢を治すには、
脳の中には骨格の位置や内臓の位置、筋肉や靭帯など沢山の情報が存在するのです。脳と末梢神経、自律神経が正常に機能すれば関節の可動性が生まれ骨格は、本来の位置に戻ろうと働きます

脳は、すべてを知っているのです。脳を治療する事は、理にかなった事です。
人間にとって最大の治療は、深い睡眠をとることです。
良く寝れるためには、副交感神経が優位になる執拗があります。
良い睡眠を取れば身体は寝ている間に治してくれます。

 

    身体には、治る力があります
脳と神経の伝達障害がなくなれば、人間が本来持っている 自然治癒力が働き血流が促進され組織は修復されます。
人間の体には痛みを抑える事や免疫効果を上げたり、白血球がばい菌を殺したり、身体不調を整えるホルモン、リンパ、血液の流れが正しく働くことにより自然治癒能力が働くのです。

身体にある内分泌や外分泌ホルモンは大きな製薬工場より優れた品質のホルモンを分泌します。
薬や注射、手術と言ったものに頼らず、自然の力を生かし引き出すことで、自然治癒力を最大限に引き出す治療法です。

従来より短期間で効果が期待できる治療法です。
今や世界各国でセミナーなども開催されており注目されているバイタルリアクト療法です。この治療法は、アジアはもちろん、北米や欧州各国が医師がこのバイタルリアクト療法を取り入れております。

そして、高い評価を得ています。
これからも地域に医療に貢献し少しでも皆様のお役に立つように頑張っていきたいと思います。

  トムソンベッドの利用
ベッドより寝たり起きたりする時の身体的にストレスが少ないようにトムソンベッドが昇降をアシストします。
例えば、肥満で腰痛のひどい方、妊婦さん等身体に余計な負荷をかけずに治療が可能です。また、身長にベッドを合わせる調整が可能です。
このベッド単体でも効果的な治療が可能です。立位状態で負荷が掛った痛みの状態を再現したい為にこの昇降ベッドを利用します。普段の痛みがある自然な状態で治療や検査を正確にできます。






このページの先頭へ




このページの先頭へ

加藤接骨院加藤接骨院

〒2510038
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡4-20-8―2階
TEL 0466-29-0705
FAX 0466-29-0925